本年度の活動・活動計画

佐倉中央ロータリークラブ2020-21 年度委員会活動方針

管理運営統括委員会

ロータリー研修委員会   岡野 敦
【活動方針】
ロータリーでの経験を活かし、当クラブ会員が優れたリーダーシップを発揮できるよう最新の情報を伝えるとともにロータリーの組織概要とその沿革について理解するための研修プログラムを構築する。
また、草の根的な自学自習の集い「炉辺・ロータリー談義」を毎月の夜間例会等で行い、ロータリー情報を感じとり、併せてロータリー精神を親しく身に着けて頂く。
2021-22年度は、COVID-19の感染拡大に伴い、今までとは全く異なった視点・観点から物事を捉え行動に移す、より合理的で更なる成果を期待出来る事項として、インターネット https://www.rotary.org/ja /マイロータリーのラーニングセンターを推奨します。
【活動計画】
1.ラーニングセンターを利用するためのマイロータリー登録推奨
2.当クラブにあったラーニングセンターでの推奨学習プランの構築
3.クラブ研修行事 他のクラブ委員会と協力して、親睦 高潔性 多様性 奉仕 リーダーシップ を意識した研修
4.「炉辺・ロータリー談義」を毎月の夜間例会等で機会を設ける
5. クラブへの認知度を高め、会員増強を促し、可能性を探るため、地域社会の職業人を招いた研修イベントを開く
6. 新?会員を対象とした懇談会を1・2回程度開催する。
7. リーダーシップ強化やプロジェクト実施に必要なスキルを磨くための研修イベントを企画する

RLI 推進委員会   委員長 櫛引則彦
【活動方針】
一人でも多くの会員がRLI研修に参加することにより、リーダーシップとしての資質の向上と、ロータリーの活性化を願い又ロータリーへの理解とモチベーションを高め、誰もがリーダーシップとしての資質を育むことを目標としたいと思います。
実際のRLIは、受講者が中心となって討議する「円卓会議方式」を採用しており、DL(ディスカッション・リーダー/ファシリテーター)の役目は、参加者の意見を引き出し、「一定の正解を覚える」という教えから、考える教えへ、そこには異なる意見があることを前提に他人と議論そして相互に理解を深めると言う訓練の一つです。
如何に他の受講者(参加者)と“ 目的を共有” できるかの会議術を養うことといえます。
【活動計画】
1. 年に 1・2名RLIに参加してもらう。
2.年度内例会においてRLI ?式の様な研修会を開催する。

クラブ奉仕・会員増強・基盤向上委員会    委員長 齋藤初美     
【活動方針】
クラブの現状評価を行い、クラブの強みと問題点を確認する
会員皆が楽しみ魅力ある例会運営ができているか確認する
多様性あるクラブの個性を生かし、地域への発信を考える
会員相互のコミュニケーションを深め、入会候補者の情報を共有する
「地域社会への奉仕」「親睦・友情」に興味ある知人を招き、ロータリークラブを体験してもらう仲間と共に、より良い地域社会作りに貢献できるのがロータリークラブである事を理解して頂く
【活動計画】
会員増強目標  3名

フェローシップ親睦活動委員会   委員長 山本 汎
【活動方針】
コロナ禍により難しい環境下ですがオンラインを活用するなどし交流を持ちます。
また入会年数の浅い会員向けに各会員の職業の紹介やロータリーを知る機会の創出に努めます。
【活動計画】
1.ZOOMを活用した会員間の交流
2.家族同伴でのクリスマス会の実施(12月)
3.ヒューストン国際大会への参加(6 月)
4.新規会員向けに炉辺の会の実施
5.卓話などによる各会員の職業紹介

広報・公共イメージ向上委員会 委員長 上水樽 文明
【活動方針】
21-22年度は、2790地区の委員会基本方針のもと、身近な地域社会からロータリーの存在をPRし、ロータリーそのものを知らしめることを念頭に、コロナ禍の影響を共有しながら活動して参ります。
【活動計画】

1.自クラブのホームページを活用したタイムリーな発信
2. FacebookなどSNSを駆使した充実の情報発信
3.当委員会の下記イベントによる広報活動についてはコロナ禍の状況を鑑みながら活動予定。
※ユーカリ祭り、印旛沼浄化推進活動、佐倉市花火大会、ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー他

 

 

奉仕プロジェクト統括部会

社会奉仕委員会   委員長  湯浅葉子 
【活動方針】
・地域との連携を図りながら、直面している事柄を把握し計画実行して取り組む。
・職業上の能力や趣味の力を発揮する。
【努力事項】
1. コロナ禍の状況に配慮しながら、以下を推進する。
2.フードバンクへ年3回の寄付を実施
3.市主催のごみ0運動への参加
4.印旛沼浄化運動、環境保全について取り組む

職業奉仕委員会   委員長  浅田 孝
【活動方針】
会員各位が従事している職業を通じて、それぞれの立場から、どのような形で地域社会に貢献できるのか。
市民の生活や幸せな人生に役に立てる方法論を本質的に考え、郷土での自然な取り組みで継続できるスタイルを目指したい。
【努力事項】
1.会員各位の立場から職業貢献の理念や活動方法について論議の場を設けたい。
2.努力目標を明確に具体化する。

国際奉仕委員会委員長 萩原 勇作
【活動方針】
コロナ禍において非常に活動が制約されますが、6つの重点分野である平和と紛争の予防、疫病予防と治療、水と衛生設備、母子の健康、基本的教育と識字率向上、経済と地域社会の発展につながる教育的、人道的、職業プログラムの実施の支援を通じて他国の人々の生活向上につながるよう具体的な活動を行いたいと思います。
特にロータリーの目標であるポリオ撲滅について重点的に支援してまいりたいと思います。
【努力事項】
1.「ポリオ撲滅」の募金活動の手伝い
2.「ポリオプラス基金」への寄付

 
青少年プログラム統括委員会

ロータアクト委員会   委員長 野池尚美
【活動方針】
・佐倉中央ローターアクトクラブの創立から3期目にあたります。他のクラブとの交流や親睦が叶わない状況で、ローターアクトクラブを広く知って頂く事をまず 第一の目標といたします。
【活動計画】
1.前年度から引き続きの佐倉市社会福祉協議会フードバンクへの寄贈に協力していく。
2.ゴミゼロ運動や夏祭りのボランティア活動が行えなければ、感染対策のとれる奉仕活動を少しでも形に出来るように考える。

青少年交換委員会   委員長 平野智美
【活動方針】
新型コロナウィルスが収束しない中での交換留学は、そのリスクを考えると今年度は非常に難しいと考えております。
今年度は、未来を担う青少年が世界の壁を感じることなく、差別なく人種、宗教を超えて、留学の機会を得ることができるよう、コロナ収束後に向けて準備進めたいと思います。
【活動計画】
1.クラブ内やロータリー活動に理解のあるご家族やそのお子様にロータリーの交換留学制度を知っていただき、相談の窓口となること。
2.ホストファミリー制度ついても知っていただき、安心して留学生を送り出せる事と同時に、受け入れた留学生も安心して、日本の教育や文化を日常生活の体験から学べるようお手伝いいただけるように計画します。

RYLA委員会 委員長 角芳恵三
【活動方針】
ロータリー青少年指導者プログラム(RYLA)は、年齢14〜30歳の若者を対象に、スキルと人格を使いながら、奉仕、高い道徳基準、平和といったロータリーの価値観を学ぶ機会を提供することを目的としています。
【活動計画】

例年ですと、セミナー、キャンプ、ワークショップなどの形式が多いと伺っておりますが、いまだコロナ禍にてRYLAの活動は縮小ないし休止せざるを得ない状況が予想されます。
ワクチン接種の動向を見極めながら、オンライン、オンデマンド等、新しい形式での開催を模索してまいります。

ロータリー財団委員会   委員長 金谷 正明
【活動方針】
・ロータリー財団についての理解、共感をさらに深める。
・ロータリー財団地区補助金を活用した地域への奉仕活動で、ロータリークラブの認知度を高める。
【活動計画】
1.会員一人当たり、150 ドル以上の年次寄付を行う。
2.会員一人当たり、30ドル以上のポリオ・プラス寄付を行う。
3.クラブ活動費はロータリーカードを利用しポリオプラスへの寄付に協力する。

米山記念奨学会委員会  委員長 長岡 貞雄         
【活動方針】
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のため日本に在留している私費外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し支援する民間の奨学財団です。
【努力事項】
1. ロータリー米山記念奨学会の目的・特色の理解
2. 特別寄付の推奨

 

 

 

page top