2017-2018年度ご挨拶

会長 萩原勇作

 

佐倉中央ロータリークラブは、佐倉ロータリークラブをスポンサークラブとして、平成7 年 (1995)5 ⽉22 ⽇に創⽴、平成8 年 (1996)2 ⽉12 ⽇RI 承認クラブとなりました創⽴22 年⽬という若いクラブであります。

 

当クラブの次年度のテーマは「彩るロータリー、多彩な魅力を持つクラブへ」です。

22 年⽬の若いクラブということもあり会員数も少ないクラブですが、女性会員比率が非常に高く、若い現役世代が多数在籍する当クラブの特徴をよりアピールし「彩る」事が出来ればと思います。

 

中身の伴わない活動であれば小手先だけの装飾になってしまいますが、ロータリークラブのような素晴らしい奉仕や社会貢献をしているけれど遠い存在と思われがちな活動こそ、表現を「彩る」ことでより多くの方々に浸透していくのではないかと考えています。

また次年度のテーマである「多彩な魅力」は「多才な魅力」の意味も持てればと考えております。当クラブの拠点としているユーカリが丘は非常に若い街で、昔ながらの企業も少なく、支店や営業所などもほとんどありません。そういった中で会員増強を⽬指してゆくには、多才な人材の方々に⽬を向けてみてはどうかと考えます。

 

そして戦略計画ですが、2018-19 年度に当クラブから2790 地区ガバナーが輩出されることになりました。今年度はガバナーエレクト年度として既に大きく動き出しております。

ガバナーの輩出、そしてガバナー年度を無事に成功させる事こそが当クラブを大きく成長させる戦略計画と考えております。

今年度のクラブ運営、そしてガバナーエレクト年度の両輪をうまく回していけるよう皆様のご協力をよろしくお願い致します。

 

 

幹事 飯田久美子

 

今年度の佐倉中央ロータリークラブは、ガバナーエレクトを当クラブから選出できた喜びと重圧のなか、少ない会員数ながら皆が一致団結し、また兄弟クラブの皆様や諸先輩方のお力も頂きながらの「修行と飛躍の年」になると思っております。

 

入会して3年目で未熟者の私ですが、皆様ご指導を頂きながら、萩原会長の「彩るロータリー、多彩な魅力を持つクラブへ」というテーマを基に、橋岡ガバナーエレクトを盛り上げていけますよう、務めさせて頂く所存です。

また昨年より引き継いだ効率的なクラブ運営を生かしながら、今年は、より具体的に佐倉中央ロータリーならではの奉仕活動を進めて、社会貢献に繋げたいと思います。

今年一年、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です