ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。

 

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。

 

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

 

 

 

ロータリアンの行動規範

 

ロータリアンとして、私は以下のように行動する。

1.個人として、また事業において、高潔さと高い倫理基準をもって行動する。

2.取引のすべてにおいて公正に努め、相手とその職業に対して尊重の念をもって接する。

3.自分の職業スキルを生かして、若い人びとを導き、特別なニーズを抱える人びとを助け、地域社会や世界中の人びとの生活の質を高める。

4.ロータリーやほかのロータリアンの評判を落とすような言動は避ける。

 

 

四つのテスト

言行はこれに照らしてから

1.真実か どうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるか どうか

 

 

 

佐倉中央ロータリークラブ細則

 

クラブ細則は、標準ロータリークラブ定款を補足し、クラブの慣習を定めるものです。本文書に記載された細則は、推奨されているものです。クラブの慣習を反映させて適宜変更を加え、RI定款、RI細則、標準ロータリークラブ定款(認められた部分を除く)、ロータリー章典と矛盾していないことを確認してください。クラブが含めなければならない、義務づけられた条項については、以下に特記されています。

1条 定義

1. 理事会: 本クラブの理事会

2. 理事: 本クラブの理事会メンバー

3. 会員: 名誉会員以外の本クラブ会員

4. 定足数: 投票時に出席していなければならない会員の最低人数。クラブの決定の場合は本クラブ会員総数の3分の1、クラブ理事会の決定の場合は理事の過半数。

5. RI 国際ロータリー

6. 年度: 71日に始まる12カ月間

投票における定足数をどう定義するかはクラブが選ぶことができる。

2条 理事会

本クラブの管理主体は、理事会とする。理事会は、少なくとも、会長、直前会長、会長エレクト、幹事、会計で構成される。

標準ロータリークラブ定款は、クラブ細則に第2条を含めることを義務づけている。また、上記の役員は、クラブ理事会のメンバーとなることが義務づけられている。クラブ理事会はこのほかに、副会長、会長ノミニー、会場監督、その他の理事を含めることができる。クラブに衛星クラブがある場合、この条項に衛星クラブの理事会メンバーも列記すること。 

3条 選挙と任期

1 選挙の1カ月前に、会員は、会長、副会長、幹事、会計、空席となっている理事の候補者を立てる。指名委員会または会員のいずれか一方または双方が、候補者を立てることができる。

2 各役職において、過半数の票を獲得した候補者が当選したものと宣言される。

3 役員または理事会メンバーが辞任した場合、残りの理事会メンバーによって後任者が任命される。

4 役員エレクトまたは理事エレクトが辞任した場合、残りの次期理事会メンバーによって後任者が任命される。

5 各役職の任期は以下の通りである。

会長:1

会計:1

幹事:1

理事:1

標準ロータリークラブ定款は、選挙手続をクラブ細則に具体的に記載することを義務づけている。指名委員会を用いる場合は、指名委員会委員の任命方法についても詳述しなければならない。クラブ会長の任期は、標準ロータリークラブ定款で1年間と規定されている。

4条 役員の任務

1 会長は、クラブの会合と理事会の会合において議長を務める。

2 直前会長は、クラブの理事を務める。

3 会長エレクトは、会長就任に向けて準備し、理事を務める。

4 理事は、クラブの会合と理事会の会合に出席する。

5 幹事は、クラブの会員と出席について記録をつける。

6節 会計は、すべての資金を監督し、年次財務報告を行う。

各クラブ役員の役割については、クラブリーダー用の手引きを参照のこと。

5条 会合

1 本クラブの年次総会を1231日までに開催し、そこで次年度の役員と理事の選挙を行う。

2 本クラブの例会は、次の通り開催する:毎週水曜日1230分(第二水曜のみ19時) 。例会に関するあらゆる変更または例会の取消は、クラブ会員全員にしかるべく通知される。

3 理事会の会合は毎月開催される。理事会の臨時会合は、会長または理事2名の要請により招集され、開催にあたっては然るべき通知を行う。

標準ロータリークラブ定款は、クラブ細則に第5条第2節を含めることを義務づけている。

6条 会費

本クラブの年会費は240,000円とする。会費は次の通り支払われる:年2回(7月と1月) 。クラブ年会費には、RI人頭分担金、「The Rotarian」誌またはロータリー地域雑誌の購読料、地区賦課金、クラブ会費、ロータリーまたは地区によるその他の賦課金で構成される。

標準ロータリークラブ定款は、クラブ細則に第6条を含めることを義務づけている。

7条 採決の方法

本クラブの議事は、口頭または挙手により採決を行う。ただし、役員と理事の選挙はその例外となり、投票により行われる。理事会は、特定の決議を、投票で採決するよう決定することができる。

衛星クラブの投票手続もここに含める。

8条 委員会

1節 クラブの各委員会は、クラブの年次目標と長期目標を達成するために、活動を調整する。各クラブは、標準ロータリークラブ定款の第13条第7節に挙げられた委員会を設けるべきである。

2 会長は、すべての委員会の職権上の委員となり、その資格において委員に付随するあらゆる特権を持つ。

3 それぞれの委員長はその委員会の定例会合と活動に対して責任を持ち、委員会の仕事を監督、調整し、委員会の全活動について理事会に報告する。

9条 財務

1 各会計年度の開始に先立ち、理事会は年次収支予算を作成する。

2 会計は、理事会によって指定された一つまたは複数の金融機関にクラブ資金を預金する。 クラブ資金は、クラブ運営用と奉仕プロジェクト用の2つの口座に分けて預金する。

3 勘定書は、会計もしくは権限を持つ役員によって支払われ、他の2名の役員または理事により承認される。

4節 有資格者が、すべての財務処理について徹底した年次監査を行う。

5 クラブの年次財務報告がクラブ会員に配布される。

6 会計年度は、71日から630日までである。

10条 会員選挙の方法

1 会員が、入会候補者を理事会に推薦する。または、ほかのクラブが、そのクラブから移転する会員もしくはそのクラブの元会員を推薦する。

2節 理事会は、30日以内にこの候補者の入会を承認または拒否し、その候補者を推薦した会員にその決定を通知する。

3 理事会が入会を承認した場合、その候補者は、クラブに入会するよう招かれる。

現会員から異議が出た場合の手続をここに含めてもよい。

11条 改正

本細則は、いかなるクラブ例会においても改正できる。クラブ細則の変更には、当該例会の10日前に各会員に書面による通知を行うこと、投票の定足数を満たす会員が出席していること、全票の3分の2が変更を支持することが義務づけられる。本細則への変更は、標準ロータリークラブ定款、RI定款、RI細則、ロータリー章典と矛盾してはならない。